植物科学特論【230005】 第3回

Topic

植物感染性線虫を用いた後胚発生における特殊器官形成の形成について (熊本大 澤 進一郎)
Oraganogenesis induced by parasitic nematode infection

Content

共生と寄生について概説し、植物感染性線虫と、その植物への感染機構、ならびに、感染に伴う後胚発生器官の根瘤と、根瘤中に形成される多細胞巨大細胞の形成について解説する。 Here students will learn about post-embryonic organogenesis induced by plant parasitic nematode. Molecular mechanisms of plant hormone, regulation of stem cell activity will be also introduced.

Comments

9月22日

Times (calendar)

Number Date Period Content (for each period) Lecturer
1 9/22 3Period 植物科学特論【230005】 澤 進一郎

Handout materials

No viewable data available