植物科学特論【230005】 第8回

Topic

イネ研究から見えてくる植物胚発生の普遍性と多様性 (遺伝研 佐藤 豊)
Conservations and diversities of plant embryogenesis envisaged from rice research

Content

高等植物はその基本的な体制を胚形成の過程で形成する。一方で、単子葉植物や双子葉植物の胚の比較から明らかなように、植物胚の形態は種ごとに大きく異なる。この講義では、イネ胚を材料にして植物胚発生の普遍的過程を学び、そこか ら多様性が生まれる仕組みを考察する。  Higher plants form their basic body plan during embryogenesis although forms of embryo differ between monocotyledonous and dicotyledonous plants. Students will learn the conservations and diversities of plant embryogenesis using rice embryo as model system.

Comments

11月10日

Times (calendar)

Number Date Period Content (for each period) Lecturer
1 11/10 3Period 植物科学特論【230005】 佐藤 豊

Handout materials

No viewable data available