バイオゼミナール実践II【2200011】


Basic course information

Course type 基礎 Credits 1
Elective/Compulsory 必修 Course format 演習
Course start 8月 Room 各研究室

Course outline

Supervising lecturer 別所
Lecturer 別所 、他
Course objectives 現代生物学概論、バイオゼミナール実践Iにおいて、バイオサイエンス研究科あるいは配属研究室が取り組んでいる研究分野について、その背景と最新研究、さらに将来展望を学んだ。それらをベースとして、配属研究室において自らが取り組んでいる研究テーマについて深く掘り下げることを目的とする。
In Introduction of Current Biology and Practical Bioscience Seminar I, students have learned the background, current topics, and perspective of research field that is covered by Graduate School of Biological Sciences and the laboratory. The aim of this course is to dig into the research subject which the student is tackling, based on the knowledge.
Course methodology 各研究室内で、学生が取り組んでいるテーマについて、歴史的背景、ブレイクスルーとなった研究、最新研究をそれぞれが学習し、お互いに発表し合うことによって共有し、深く理解することを目指す。また、それぞれの将来展望について議論し、それぞれの学生がテーマについて研究を進める指針とする。 また、それぞれの学生が自身の研究テーマについて、の背景や意義についてわかりやすく説明する訓練をおこない、次におこなわれるプロジェクト演習の準備につなげる。
Each student learns the historical background, breakthroughs, current topics of his/her research subject. Students in the laboratory share the knowledge, and understand them. In addition, students discuss the perspective for each subject, and that discussion helps promoting each subject. Each student obtains the skill to explain his/her research subject clearly, thereby making the presentation in Bioexpart Seminar for Research Project easier.

Course plan

Comments Number Topic Content
1 自身が取り組むテーマの背景と意義1
Background and significance of the research project 1
自身が取り組むテーマの背景と意義について十分理解し、研究室内の他の学生に説明できるようにする。
The aim of this class are to understand background and significance of the project that the student is tackling, to obtain the skill to explain the student's project to other students in the laboratory.
2 自身が取り組むテーマの背景と意義2
Background and significance of the research project 2
自身が取り組むテーマの背景と意義について十分理解し、研究室内の他の学生に説明できるようにする。
The aim of this class are to understand background and significance of the project that the student is tackling, to obtain the skill to explain the student's project to other students in the laboratory.
3 自身が取り組むテーマの背景と意義3
Background and significance of the research project 3
自身が取り組むテーマの背景と意義について十分理解し、研究室内の他の学生に説明できるようにする。
The aim of this class are to understand background and significance of the project that the student is tackling, to obtain the skill to explain the student's project to other students in the laboratory.
4 自身が取り組むテーマの背景と意義4
Background and significance of the research project 4
自身が取り組むテーマの背景と意義について十分理解し、研究室内の他の学生に説明できるようにする。
The aim of this class are to understand background and significance of the project that the student is tackling, to obtain the skill to explain the student's project to other students in the laboratory.
5 自身が取り組むテーマの将来展望1
Perspective of the research project 1
自身が取り組むテーマについて、これまでの研究等から生じている命題を明確にし、それを明らかにするためにはどのような戦略が適しているのかを考えながら、将来展望について研究室内で議論する。
Each student tries to make clear the focus of the research subject, and consider the strategy and perspective through the discussion.
6 自身が取り組むテーマの将来展望2
Perspective of the research project 2
自身が取り組むテーマについて、これまでの研究等から生じている命題を明確にし、それを明らかにするためにはどのような戦略が適しているのかを考えながら、将来展望について研究室内で議論する。
Each student tries to make clear the focus of the research subject, and consider the strategy and perspective through the discussion.
7 自身が取り組むテーマの将来展望3
Perspective of the research project 3
自身が取り組むテーマについて、これまでの研究等から生じている命題を明確にし、それを明らかにするためにはどのような戦略が適しているのかを考えながら、将来展望について研究室内で議論する。
Each student tries to make clear the focus of the research subject, and consider the strategy and perspective through the discussion.
8 自身が取り組むテーマの将来展望4
Perspective of the research project 4
自身が取り組むテーマについて、これまでの研究等から生じている命題を明確にし、それを明らかにするためにはどのような戦略が適しているのかを考えながら、将来展望について研究室内で議論する。
Each student tries to make clear the focus of the research subject, and consider the strategy and perspective through the discussion.

Textbook/Reference book

Textbook 担当教員が指定する。
Reference book 担当教員が指定する。

Other information

Eligibility for this course 2/3以上の回の出席を条件とする。
Students are required to attend a minimum of 2/3 of classes.
Consultation times 担当教員が指示する。
PI in the laboratory designates.
Grades/Evaluation 討議への参加状況を評価する。学生相互および教員を加えた討議を中心とした進行を目指すので、積極的な参加やリーダーシップの発揮に対して高い評価を与える。
Related courses 現代生物学概論、バイオゼミナール実践I、プロジェクト演習、フロンティアプロジェクト演習
Introduction of Current Biology, Practical Bioscience Seminar I, Bioexpart Seminar for Research Project, Frontier Bioscience Seminar for Research Project
Important information