Language:

2019年度 アカデミックディスカッション B (1012)

クラス基本情報

科目区分 一般科目 教職科目 指定なし
単位数 1 選択・必修・自由 選択必修
授業形態 講義 主な使用言語 英語
開講時期 履修登録システム 使用する
履修登録期間 2019/12/02~2019/12/20 履修取消期限 2019/12/20

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・一般科目から4単位以上履修すること。
・「アカデミックディスカッション」は、クラスA~C の3クラスで構成される。履修登録を注意のうえ、いずれかのクラスを受講すること。

授業科目概要

担当責任教員 マクダウル・リー
担当教員 マクダウル・リー
教育目的/授業目標 This subjects equips students with the language, skills, and knowledge needed to participate more successfully in academic discussions in English.
授業概要/指導方針 Students will actively participate in discussion activities in English throughout this subject.

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] 担当教員 テーマ 内容
1 12/11 [3] Overview of discussion Details given in class.
2 12/18 [3] Scientific discussion—Part 1 Details given in class.
3 12/25 [3] Scientific discussion—Part 2 Details given in class.
4 1/8 [3] Cross-cultural communication—Part 1 Details given in class.
5 1/15 [3] Cross-cultural communication—Part 2 Details given in class.
6 1/22 [3] Language learning—Part 1 Details given in class.
7 1/29 [3] Language learning—Part 2 Details given in class.
8 2/5 [3] Test + review Details given in class.

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 時間 講義室 備考
1 12/11 3 E318(MS) 英語上級A B (7001) 第1回と共同開講
2 12/18 3 E318(MS) 英語上級A B (7001) 第2回と共同開講
3 12/25 3 E318(MS) 英語上級A B (7001) 第3回と共同開講
4 1/8 3 E318(MS) 英語上級A B (7001) 第4回と共同開講
5 1/15 3 E318(MS) 英語上級A B (7001) 第5回と共同開講
6 1/22 3 E318(MS) 英語上級A B (7001) 第6回と共同開講
7 1/29 3 E318(MS) 英語上級A B (7001) 第7回と共同開講
8 2/5 3 E318(MS) 英語上級A B (7001) 第8回と共同開講

テキスト・参考書

テキスト No textbook required. Students will be provided with learning materials throughout the subject.
参考書 Presenting Research in Science and Engineering, Laurence Anthony, DTP Publishing.
Discussion: Process and Principles, Charles LeBeau & David Harrington, Language Solution, Inc.
Discussion Matters, Philip Suthons, Macmillan Language House.

その他

履修条件 None
オフィスアワー Eメールで連絡の上、日時を決める
成績評価の方法と基準 Grading (S, A, B, C, or D); refer to class syllabus for details.
関連科目 リサーチプレゼンテーション
関連学位
注意事項 This subject is open to all students, however it is most suitable for students who: (a) have completed the Research Presentation subject, or (b) have experience presenting and discussing their research in English, or (c) have a TOEIC score above 650.

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。