Language:

2019年度 情報理工学序論 B(秋) (2001)

クラス基本情報

科目区分 序論科目 教職科目 情報
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 講義 主な使用言語 日本語/英語
開講時期 履修登録システム 使用する
履修登録期間 2019/09/27~2019/10/24 履修取消期限 2019/10/24

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・序論科目から3単位以上履修すること。7科目(7単位)の履修を積極的に推奨する。

授業科目概要

担当責任教員 杉本 謙二
担当教員 中島康彦、安本慶一、荒川豊、井上美智子、大下 福仁、松本裕治、進藤裕之、藤本まなと、松田裕貴
教育目的/授業目標 情報理工学分野において、現在、世界の最先端科学技術がどのように進展・融合しつつあり、今後どのように新しい科学技術が生まれると期待されるかなどを俯瞰的視点から学ぶ。
指導方針 上記の情報理工学分野に係る俯瞰的視点を身に着けることを通じて、学生が7つの教育プログラムを選択する際の検討材料となるように指導する。

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] テーマ 内容
1 10/7 [4] コンピュータのトレンド、基本構造とプログラミング コンピュータのトレンドおよびプログラムが動く仕組みを理解する.また、浮動小数点演算の精度やマルチメディア命令による効率化手法を習得する。
2 10/10 [4] メモリ階層と性能指標のトレンド バッファオーバフロー問題、メモリ階層と性能の関係、性能指標(電力遅延積)を理解する。
3 10/21 [4] OSの役割と構成 コンピュータの基本ソフトウェアであるOS (オペレーティング・システム)の役割と構成を解説する.OSにおけるプロセスとスレッドの関係,メモリ管理,入出力制御とファイルシステムについてその仕組を理解する。
4 10/24 [4] ネットワークの仕組み インターネットがどのように通信を行っているのか理解する.Web,メール,Lineなどのアプリケーションがどのようなプロトコルを用いて通信を行っているのか理解する。
5 10/28 [4] アルゴリズムの計算量と探索アルゴリズム 情報科学の分野で基本となるアルゴリズムの考え方や計算量による評価を探索アルゴリズムを学習することで理解する。
6 10/31 [4] 探索木とソートアルゴリズム 探索木を用いた探索アルゴリズムと大量のデータを規則に従い並べ換えるソートアルゴリズムを理解する。
7 11/7 [4] 動的計画法とPythonプログラム 問題を複数の部分問題に分割し,途中の計算結果を再利用することで少ない計算量で解く動的計画法をPythonプログラムを用いて実装することで,動的計画法の実践的な適用法を理解する。
8 11/13 [5] 文字列検索アルゴリズム 長い文書などの文字列データの中から特定の文字列を効率よく検索する代表的なアルゴリズムとその考え方を理解する.

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 時間 講義室 備考
1 10/7 4 L1(IS)
2 10/10 4 L1(IS)
3 10/21 4 L1(IS)
4 10/24 4 L1(IS)
5 10/28 4 L1(IS)
6 10/31 4 L1(IS)
7 11/7 4 L1(IS)
8 11/13 5 L1(IS)

テキスト・参考書

テキスト OHM大学テキスト コンピュータアーキテクチャ ISBN:978-4-274-21253-6(1,2回),その他は講義資料配布.
参考書 (1)石畑清:アルゴリズムとデータ構造,岩波ソフトウェア科学3,1989.(2)T. H. Cormen et al. : Introduction to Algorithms, Second Edition, The MIT Press, 2001.(日本語訳:アルゴリズムイントロダクション全3巻、近代科学社)(3)R. Sedgewick : Algorithms in C, Addison-Wesley Pub.(日本語訳:アルゴリズムC全3巻、近代科学社)

その他

履修条件 特になし
オフィスアワー Eメールで連絡の上、日時を決める
成績評価の方法と基準 ・合否で評価する。
・講義中に行うテスト,および,レポート課題により評価する。
関連科目 情報生命科学序論、知能社会創成科学序論、データサイエンス序論
関連学位 理学、工学
注意事項 特になし

授業関連URL

内容
第1回および第2回

配布資料

  資料名 備考 公開期限
1st 2021/03/31 学内専用
2nd 2021/03/31 学内専用
3rd_english 2020/03/31 学内専用
3rd_japanese 2020/03/31 学内専用
5th 2020/03/31 学内専用
第4回 2019/11/22 学内専用
6th 2020/03/31 学内専用
5th-ans Answers of Exercises on Oct. 28 2020/03/31 学内専用
7th 2019/12/07 学内専用
8th 2019/12/13 学内専用