日本語Ⅰ B (1017)

クラス基本情報

科目区分 一般科目 教職科目 指定なし
単位数 2 選択・必修・自由 自由
授業形態 講義 主な使用言語 日本語
開講時期 履修登録システム 【使用しない】
履修登録期間 履修クラスは別途連絡する。 履修取消期限 履修クラスは別途連絡する。

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・一般科目から4単位以上履修すること。
・「日本語Ⅰ」は、クラスA、B の2クラスで構成される。履修登録を注意のうえ、いずれかのクラスを受講すること。

授業科目概要

担当責任教員 山下 香緒里
担当教員 (山下香緒里)
教育目的/授業目標 友達を誘ったり、一緒に相談して約束することができる。また、周りの状況を簡単に伝えたり、何かの依頼や提案をしながら 一緒に行動することができる。簡単に自分の家族や友達について周りの人に紹介することができる。漢字の成り立ちや基本的なルールを学び、学習の方法を知る。学習漢字は49字。
 友達にあげるプレゼントについて相談したり、もらったプレゼントについて話したりできる。サークルや交流イベントに参加した時に自分の趣味を話したり相手に質問したりできる。大勢の人と行動するために状況に応じて簡単な質問ができる。また指示を理解して行動することができる。漢字はN5レベル到達を目標とする。
指導方針 学習者主体の考えに基づき、初級に必要な語彙・文法・漢字を導入する。日本語で人とつながる力を養成する。また、段落構成力を身に着け、固まりで話し、自分の考えを相手に伝える力をつける。

授業計画

回数 日付 [時間] テーマ 内容
1 11/6 [4] 6課:一緒に! Vましょう・Vませんか・数詞(枚) ・〜があります [場所]で〜があります
【漢字】一二三四五六七八九十
2 11/13 [4] 6課:一緒に! ~で~がいちばんAです・~と~とどちらがAですか
~のほうがAです・~は~よりAです
【漢字】百千万円口目
3 11/20 [4] 6課:一緒に! もうVましたか(経験)・まだです・〜よ・〜ね(確認) 〜はどうですか

【漢字】日月火水木金土曜
4 11/27 [4] 7課:友達の家で ~は~にあります/います・~が~にあります/います                                              動詞のグループ分け・位置のことば
【漢字】本人今寺時半刀分
5 12/4 [4] 7課:友達の家で [て形]・〜てください(依頼)て形の作り方
[道具]で・Nの[Vます形]方・どのN・どれ
【漢字】上下中外右工左前後
6 12/11 [4] 7課:友達の家で [て形]〜ています(動作の進行)・〜ましょうか(申し出)
誰が・まだあります/もうありません 
【漢字】午門間東西南北
7 12/18 [4] 8課:大切な人 〜に住んでいます・数詞(人・匹)・〜がいます
[Vて形]います(職業)・Nが上手/下手です
〜は〜がAです・Aくて/で(形容詞の接続)
イAくて、~・ナA/Nで、~
【漢字】田力男女子学生先
8 12/25 [4] スピーチ スピーチ                                                                6・7課復習テスト
【漢字】奈良県(住所の書き方)と復習
9 1/8 [4] 8課:大切な人 あげます・もらいます・くれます
【漢字】何父母年去毎王国
10 1/15 [4] 9課:好きなこと [V辞書形]・[V辞書形]こと・頻度のことば [期間]に[回・冊・本](数詞)
【漢字】見行米来良食飲会
11 1/22 [4] 9課:好きなこと [V辞書形]こと/N ができます(能力)
【漢字】耳聞言話立待周週
12 1/29 [4] 9課:好きなこと [て形](接続)、〜・どうやって  
【漢字】大小高安新古元気
13 2/5 [4] 10課:バスツアー もう〜ましたか(完了)/まだ[Vて形]いません  
[Vて形]来ます・Nが見えます/聞こえます・[場所]を
【漢字】多少広早長明好友
14 2/26 [4] 10課:バスツアー [Vて形]もいいですか
[Vない形]・[Vない形]でください・Nは
【漢字】入出市町村雨電車
15 3/5 [4] 10課:バスツアー Nが[Vて形]います
N/[V辞書形]ことができます(状況)・Aに/くなります
【漢字】馬駅社校店銀病院
16 3/12 [4] スピーチ スピーチ
8・9・10課 復習テスト 

授業日程

回数 日付 時間 講義室 備考
1 11/6 4 L12
2 11/13 4 L12
3 11/20 4 L12
4 11/27 4 L13
5 12/4 4 L13
6 12/11 4 L13
7 12/18 4 L13
8 12/25 4 L13
9 1/8 4 L13
10 1/15 4 L12
11 1/22 4 L13
12 1/29 4 L12
13 2/5 4 L13
14 2/26 4 L13
15 3/5 4 D105
16 3/12 4 L13

テキスト・参考書

テキスト 『できる日本語・初級』(6課〜10課)
参考書 『KANJI LOOL AND LEARN 512 Kanji with Illustrations and Mnemonic Hints イメージで覚える[げんき]な漢字512』
 『楽しく聞こう』

その他

履修条件 ・日本語ⅠAを修了している、または同等のレベルであること(コース開始前にテストを課すことがある)。
・ひらがな・カタカナの読み書きが出来ること。
・日本語授業の履修については、履修登録システムを使用せず、「事前アンケート」の提出及び希望者多数の場合の選抜をもって登録することとします。
・詳細については、別途、メールで通知します。
オフィスアワー Eメールで連絡の上、日時を決める
成績評価の方法と基準 ・5段階(秀・優・良・可・不可)で評価する。
・宿題(20%)・復習テスト(20%)・漢字テスト(20%)・スピーチ(40%)で評価する。
関連科目 日本語Ⅱ
関連学位
注意事項 ・履修人数を制限する場合がある。(原則、最大12人) なお、必要に応じて進度や内容を調整することがある。

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。