Language:

2022年度 分子フォトサイエンス特論 A (4072)

クラス基本情報

科目区分 専門科目 教職科目 理科
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 講義 主な使用言語 日本語
開講時期 履修登録システム 使用する
履修登録期間 2022/04/12~2022/05/13 履修取消期限 2022/06/22

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS BS MS DS DGI
履修区分
コア科目
履修方法 ・修士論文研究又は特別課題研究を履修する場合は、序論科目、基盤科目及び専門科目から14単位以上履修すること。
・課題研究を履修する場合は、序論科目、基盤科目及び専門科目から16単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 山田 容子
担当教員 山田容子、荒谷直樹、河合壯、清水洋
教育目的/学修到達目標 【教育目的】
光ナノサイエンスの基盤となる有機光化学の基礎を学修し、最先端研究に関する理解を深め、光化学に基づく有機マテリアルサイエンスについて議論できるようになることを目的とする。

【学修到達目標】
1) 有機光材料・有機電子材料と光の相互作用や光励起状態について説明、記述できる。
2) 有機光材料・有機電子材料の構造、機能について議論ができる。
授業概要/指導方針 【授業概要/指導方針】
この講義では光ナノサイエンスの基盤となる有機光材料・有機電子材料と光の相互作用や光励起状態、構造と機能との相関について説明する。
座学で進める。

【授業時間外学修(予習・復習等)の目安】
各回毎に授業内で与えられたAssignmentの予習2時間
各回毎に復習2時間程度

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] 担当教員 テーマ 内容
1 6/17 [2] 山田 容子 光の性質と電子励起 光の基本的な性質、電子励起状態、一重項と三重項、光の吸収と発光
2 6/22 [2] 荒谷 直樹 光化学過程 励起エネルギー移動と電子移動
3 6/27 [2] 山田容子 有機エレクトロニクス材料の化学 有機エレクトロニクス材料の設計、合成、分子配向、電荷移動度
4 7/12 [2] 荒谷直樹 有機ナノ構造体の構造決定 X線結晶構造解析の基礎
5 7/15 [2] 清水 洋 液晶とディスプレイ応用I 液晶に関する基本的な知識を学習する。
6 7/21 [2] 清水 洋 液晶とディスプレイ応用II 液晶ディスプレイの動作原理を関係する物質の光学特性(偏光、複屈折、屈折率、光散乱等)とともに学習する。
7 7/26 [2] 河合 壯 光のなかの分子の振る舞い 光と物質の相互作用の中でその基本となる概念を講義する。
8 7/29 [2] 河合 壯 光反応分子材料 レジストやフォトポリマー等産業界で活用されている光反応分子材料の概要と最近の展開

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 時間 講義室 備考
1 6/17 2 Rethink 物質創成科学大講義室 レポート締切 6/24 17時 メールで提出してください
2 6/22 2 Rethink 物質創成科学大講義室
3 6/27 2 Rethink 物質創成科学大講義室 課題〆切 7/19 9時 NAIST Databoxを使って提出してください。
4 7/12 2 Rethink 物質創成科学大講義室
5 7/15 2 Rethink 物質創成科学大講義室
6 7/21 2 Rethink 物質創成科学大講義室
7 7/26 2 Rethink 物質創成科学大講義室
8 7/29 2 Rethink 物質創成科学大講義室

テキスト・参考書

テキスト 特に無し
参考書 ・山崎 巌著 「有機量子化学と光化学」(一麦出版社)
・井上晴夫、高木克彦、佐々木政子、朴鐘震著、「光化学Ⅰ」(丸善出版)
・水野一彦、宮坂 博、池田 浩編「光化学フロンティア」(化学同人)

その他

履修条件 特になし
オフィスアワー Eメールで連絡の上、日時を決める
成績評価の方法と基準 ・5段階(秀・優・良・可・不可)で評価する。
・各時間に課する課題・レポートにより評価する。
・有機光化学の幅広い基本概念の理解、専門知識の習得を基準とする。
関連科目 特になし
関連学位 工学、理学
注意事項 本講義は原則対面型としますが、オンライン受講を希望する場合、各講義の担当教員に連絡の上、追って公開される講義のアーカイブを視聴してください。
成績評価は、対面型受講者と同様に、各教員から出された課題(演習、レポート)を期日までに提出することによって行います。課題内容および提出期日はこのシラバスシステムに掲示します。

授業関連URL

内容
学生授業評価アンケート

配布資料

  資料名 備考 公開期限
第1回分子フォトサイエンス特論_0615版(山田) 2022/09/13 学内専用
第3回分子フォトサイエンス特論_0615版(山田) 2022/09/13 学内専用