アカデミックボランティアⅠ (110017)

担当教員 担当教員
単位数 :1単位 選択・必修 :選択 講義室 :別途連絡 講義スタイル :演習/公開
開講時期 テーマ毎に異なる
※アカデミックボランティア実習Ⅰ・Ⅱ:テーマ毎に異なる
Practice of Academic Volunteer I/II: Different for respective themes
アカデミックボランティア実習Ⅰ・Ⅱについては別途連絡(講義担当に問い合わせること)
Students will be separately informed of Practice of Academic Volunteer I/II. (Students are required to contact faculty members in charge of lectures.)

授業目的 地域貢献を通して,研究者・技術者としての社会的責任感を育成する.
また,学生自身が「教える」ことによって,広い視点,実践的知識,コミュニケーション能力を養う.
/Develop a sense of social responsibility as a researcher or an engineer through service to local community.
Also acquire different viewpoint, practical knowledge and communication skill by teaching.
授業内容 研究科が対外的に提供する各種の科学技術体験プログラムに
ボランティアとして参加し, 相互に協力しながら, プログラムの準備,
実施に携わる.
/Participate scientific experience programs planned by our graduate school as an volunteer.
Take part in the group work for its preparation and operation.

教科書 なし
参考書 プログラム毎に異なる.
履修条件 今年度提供するプログラム毎に,参加ボランティアを随時募集するので,
履修希望者はこれに応募する.
プログラム実施後, 2週間以内に参加報告書を研究科事務室に提出すること
(担当教員の署名・捺印が必要).
詳細はWebページ:
http://isw3.naist.jp/IS/academic-volunteer/index.html
を参照.
/Detail of each program is announced on the web on demand.
Interested student can apply for it.
成績評価 参加報告書および準備を含む実習の累積時間による.
/By reports and total hours of activities.
オフィスアワー
配布資料 現在、配布資料はありません。