符号理論 (130020)

担当教員 楫 勇一(Yuichi Kaji / かじ ゆういち)
単位数 :1単位 選択・必修 :選択 講義室 :L2 講義スタイル :講義/公開
開講時期 Ⅳ期 金曜1・2限
※詳細な日程は未定
TBA

授業目的 The purpose of this lecture is to know advanced results and understand deeper discussion of the information theory and coding theory.

本講義の目的は,情報理論および符号理論に関する先進的な内容について学び,情報を表現・処理するための手法についての理解を深めることである.
授業内容 Several topics are introduced in the omnibus manner. The following subjects and schedule are tentative, and the actual classes will be organized in an flexible and adaptive manner.

1: review of Information Theory
2: practical source coding
3: analysis of error-correcting performance
4: cyclic codes and convolutional codes
5: turbo codes and LDPC codes
6: Shannon's channel coding theorem
7: flash codes
8: network code, Slepian-Wolf coding

授業はオムニバス的に構成されており,各回で異なった話題について議論する.取り上げる題材およびスケジュールとして下記を予定しているが,これはあくまでも暫定的なプランであり,実際の講義では,議論の展開に応じて柔軟に授業を進める予定である.

1: 情報理論に関する復習
2: 実用的な情報源符号化方式
3: 誤り訂正符号の性能解析
4: 巡回符号,畳み込み符号
5: ターボ符号,LDPC符号
6: シャノンの通信路符号化定理
7: フラッシュメモリ向け符号
8: ネットワーク符号化,Slepian-Wolf符号化

なお,本講義は英語で開講する.

教科書 We do not use particular textbooks. All lecture materials including PPT slides will be posted in the web page.

教科書は使用しない.講義で使う資料等は,スライドのファイルも含め,web 上で公開する予定である.
参考書
履修条件 Students are expected to have basic knowledge of Information Theory.

情報理論に関する基礎的知識を有すること
成績評価 Take-Home Test 100%

持ち帰り試験 100%
オフィスアワー
配布資料 現在、配布資料はありません。