コンピューティングアーキテクチャ特論Ⅲ (140003)

担当教員 中島 康彦(Yasuhiko Nakashima / なかしま やすひこ)、 中田 尚(Takashi Nakada / なかだ たかし)、
Tran Thi Hong、 張 任遠(Renyuan Zhang / ちょう にんえん)
単位数 :1単位 選択・必修 :必修 講義室 講義スタイル :演習/公開
開講時期 特論毎に異なる

授業目的 本講義では、無線通信システムの物理層( PHY )についての基本的な概念を提供します。クラスの後、学生が以下の内容を理解することが期待されています。
1 )データが無線環境を経由してこの場所/装置から他の場所・装置まで送信することができるが、なぜのか?
2 )どうのように無線受信機は環境のフェージング・雑音・干渉から影響されるデータを回復する。
3 )無線通信システムの重要な要因は何でしょうか。
4 )無線通信システムの分野における最新の研究動向はなんでしょうか。

This lecture provides students the basic concept about physical layer (PHY) of a wireless communication system. After the class, students are expected to understand:
1) How data can be transmitted from one place/device to another via wireless environment.
2) How the receiver recover the transmitted data from noise, interference, fading.
3) What are the important factors of a wireless communication system.
4) What are the current research trends in this field.
授業内容 教員:
+無線通信システムの歴史・基本的なコンセプト・基本的な構成要素などについて説明する。
+開発した簡単な無線通信システムのPHY層の各ブロックを通るデータフローを示し、各ブロックの目的と機能を説明する。
+システムのいくつかのパラメータを変更しながらシステムの要因ビット誤り率( BER )とパケット誤り率( PER )を示す。 BER / PER結果から、BER/PERを改善するための研究動向を紹介する。

学生:
+授業内容を理解しながらアイデア/コメントを発表する。
+教員が提供した問題/質問に対する解決方法を見つけるためにグループで相談する。
+ MATLABソフトウェでPHY層のシミュレータを実行し、BER・PERの結果を評価して報告書を作成する。

The lecturer:
+ Explains the development history, basic concept, basic components of wireless communication system.
+ Shows the data flow through several blocks of a pre-developed PHY layer of a communication system, then explains the purpose and function of each block.
+ Shows relation between Bit Error Rate (BER)/Packet Error Rate (PER), which are two important factors of a wireless communication system, and several parameters of the system. Via the BER/PER results, the lecturer guides students on the research trends to improve BER/PER.

Students:
+ Follow the slides, provide ideas/comments.
+ Discuss in group to find solution for a problem/question provided by lectures.
+ Simulate the BER/PER of PHY layer of system in Matlab and evaluate/report the results.

教科書 講義スライドを下記ウェブページに掲載する。
Lecture slides will be uploaded on the following web page.

http://arch.naist.jp/~hong/lecture/index.html
参考書 Book: Yong Soo Cho et. al., MIMO-OFDM Wireless Communications with MATLAB.
その他、必要な資料は随時配布する。

If needed, supplemental will be provided.
履修条件 特になし

There is no requirement.
成績評価 開発したシステムの内容およびプレゼンテーションの内容に基づいて教員が評価する。

Your final score will be calculated based on the developed hardware and presentation quality.
オフィスアワー B405号室に在室時はいつでもよい。あらかじめメールや電話 (5302) などで予約することを推奨する。

You are welcomed to visit us at B405 (Phone 5302). Please check via email or internal phone line.
配布資料 現在、配布資料はありません。