インタラクティブメディア設計学特論Ⅰ (140049)

担当教員 加藤 博一(Hirokazu Kato / かとう ひろかず)、 Christian Sandor(Christian Sandor / クリスチャン サンドア)、
武富 貴史(Takafumi Taketomi / たけとみ たかふみ)、 Alexander Plopski (Alexander Plopski / アレクサンダ プロプスキ)
単位数 :1単位 選択・必修 :必修 講義室 講義スタイル :演習/非公開
開講時期 特論毎に異なる

授業目的 You will learn the knowledge and skills necessary to study by reading the book related to basic algebra, elementary statistics, and computer vision with exercises in turns.
線形代数や統計学の基礎に関する教科書、コンピュータビジョンの教科書の輪読及び演習を行い、研究を遂行する上で必要となる知識を身に付ける。
授業内容 Each of you summarizes the content of assigned pages of books, and make a presentation for teaching it to the other students.
各学生は教科書の担当パートについて内容をまとめ、発表形式で他の受講生へ説明を行う。

教科書
参考書 J. E. Gentle: Matrix Algebra -Theory, Computations, and Applications in Statistics, Springer 2007.
履修条件 Nothing in particular.
特になし。
成績評価 Efforts in the class and presentations.
受講態度、発表内容等により総合的に判断する。
オフィスアワー
配布資料 現在、配布資料はありません。