生体医用画像特論Ⅱ (140082)

担当教員 佐藤 嘉伸(Yoshinobu Sato / さとう よしのぶ)、 大竹 義人(Yoshito Otake / おおたけ よしと)
単位数 :1単位 選択・必修 :必修 講義室 講義スタイル :演習/公開
開講時期 特論毎に異なる

授業目的 生体医用画像の処理・応用に関するプログラム開発を行うことで、当該分野の理解を深め、研究を開始するにあたっての技術的な基礎を確立する。

Studying computer programing of biomedical image processing and its applications.
授業内容 受講生は、与えられたプログラム作成課題、あるいは、自身で考案した課題(担当教員の承認が必要)を達成し、プログラムが正しく動いていることをデモンストレーションする。

Students prepare computer programs of specific tasks on biomedical image processing, confirm their validity, and give their demos.

教科書 講義開始時にアナウンスをする。

Will be announced during lectures.
参考書 VTK (http://www.vtk.org/), ITK (http://www.itk.org/), OpenCV (http://opencv.org/)
履修条件 特になし。履修希望者は、担当教員に連絡すること。

No assumption.
成績評価 受講態度、プログラム課題の難易度・完成度により、総合的に判断する。

Attitude and quality of developed programs.

オフィスアワー 担当教員が研究室に在室しているときはいつでも可。

Anytime.
配布資料 現在、配布資料はありません。