情報セキュリティ演習B (4045)

授業科目基本情報

科目区分 専門科目 教職科目 指定なし
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 演習 主な使用言語 日本語
開講時期
履修登録期間 履修取消期限

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・基盤科目及び専門科目から12単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 藤川 和利
担当教員 藤川 和利、門林 雄基、林 優一、本間 尚文
教育目的/授業目標 本講義では、情報通信機器などのハードウェアから情報漏えいが生じるメカニズムを学び、実験を通して物理的セキュリティに関する問題に対する理解を深め、ハードウェアセキュリティ対策の重要性を学ぶことを目的とする。
指導方針 特に、計測を伴う演習を通して、暗号アルゴリズムを実装したハードウェアの動作中に生じる副次的な情報(サイドチャネル情報)を利用して秘密情報を奪うサイドチャネル解析とその対策の基本概念を学ぶ。本科目は、原則としてSecCapプログラム履修者に限定される。

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

回数 日付 [時間] テーマ 内容
1 ハードウェアセキュリティ概要 ハードウェアセキュリティの概要を説明するとともに、コンピュータハードウェアとその動作原理を解説する。また、ハードウェア動作中に生じる消費電力や電放射磁波の計測の演習を行う。
2 ハードウェアセキュリティ概要 ハードウェアセキュリティの概要を説明するとともに、コンピュータハードウェアとその動作原理を解説する。また、ハードウェア動作中に生じる消費電力や電放射磁波の計測の演習を行う。
3 公開鍵暗号に対するサイドチャネル攻撃とその対策 暗号アルゴリズムの基礎を解説するとともに、暗号アルゴリズムのハードウェア実装を行う。また、公開鍵暗号に対するサイドチャネル解析とその対策に関する演習を行う。
4 公開鍵暗号に対するサイドチャネル攻撃とその対策 暗号アルゴリズムの基礎を解説するとともに、暗号アルゴリズムのハードウェア実装を行う。また、公開鍵暗号に対するサイドチャネル解析とその対策に関する演習を行う。
5 公開鍵暗号に対するサイドチャネル攻撃とその対策 暗号アルゴリズムの基礎を解説するとともに、暗号アルゴリズムのハードウェア実装を行う。また、公開鍵暗号に対するサイドチャネル解析とその対策に関する演習を行う。
6 共通鍵暗号に対するサイドチャネル攻撃とその対策 共通鍵暗号に対するサイドチャネル解析とその対策に関する演習を行う。最後に、ハードウェアセキュリティに関する発表と議論を行う。
7 共通鍵暗号に対するサイドチャネル攻撃とその対策 共通鍵暗号に対するサイドチャネル解析とその対策に関する演習を行う。最後に、ハードウェアセキュリティに関する発表と議論を行う。
8 共通鍵暗号に対するサイドチャネル攻撃とその対策 共通鍵暗号に対するサイドチャネル解析とその対策に関する演習を行う。最後に、ハードウェアセキュリティに関する発表と議論を行う。

授業日程



表示可能なデータがありません。

テキスト・参考書

テキスト なし(適宜、資料を配布)
参考書 C. McNab著, 鍋島監訳: 実践ネットワークセキュリティ監査 -リスク評価と危機管理, オライリー・ジャパン, 2005. (ISBN: 4-87311-204-4)
C. Mcnab: Network Security Assessment -Know Your Network, Oreilly & Associates Inc, 2016, (ISBN-13: 978-1491910955)
C. Peikari, A. Chuvakin著, 西原監訳: セキュリティウォリア - 敵を知り己を知れば百戦危うからず, オライリー・ジャパン, 2004. (ISBN: 4-87311-198-6)
C. Peikari, A. Chuvakin: Security Warrior, Oreilly & Associates Inc, 2004, (ISBN-13: 978-0596005450)

その他

履修条件 SecCapプログラム履修者もしくは特別に認められた者であること。
オフィスアワー 演習時のみ
成績評価の方法と基準 ・5段階(秀・優・良・可・不可)で評価する。
・演習の達成度で評価する。
・情報セキュリティの知識の習得、応用技術の習得を基準とする。
関連科目 情報セキュリティ演習A,C
関連学位 工学
注意事項 特になし

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。