情報セキュリティ演習C (4046)

授業科目基本情報

科目区分 専門科目 教職科目 指定なし
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 演習 主な使用言語 日本語
開講時期
履修登録期間 履修取消期限

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・基盤科目及び専門科目から12単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 藤川 和利
担当教員 藤川 和利、門林 雄基、林 優一
教育目的/授業目標 本科目は、情報セキュリティ運用リテラシーIで得られた基本的な実践力をもとに、さらなる応用、適用能力を養うために、より現実に近い環境を想定した分析を行い、ある程度の専門知識を有したメンバで構成されたグループ内で議論を展開させ、理解を深めることが目的である。また、習得した知識の理解度を評価するために、セキュリティコンテストあるいはCTF大会へ参加する場合もある。
指導方針 情報セキュリティの現場において、予防対策や不正アクセス事故発覚時の対処(情報収集、関係各所との連携等)について実践に即して学ぶ。本演習でウィルス検体を扱う場合は、サイバークリーンセンターデータセット(CCC Datasets)等を利用して行う。実際の演習は、協力機関との連携して、実施される予定である。本科目は、原則としてSecCapプログラムの受講生に限定される。

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

回数 日付 [時間] テーマ 内容
1
2
3
4
5
6
7
8

授業日程



表示可能なデータがありません。

テキスト・参考書

テキスト なし(適宜、資料を配布する)
参考書 C. McNab著, 鍋島監訳: 実践ネットワークセキュリティ監査 -リスク評価と危機管理, オライリー・ジャパン, 2005. (ISBN: 4-87311-204-4)
C. Mcnab: Network Security Assessment -Know Your Network, Oreilly & Associates Inc, 2016, (ISBN-13: 978-1491910955)
C. Peikari, A. Chuvakin著, 西原監訳: セキュリティウォリア - 敵を知り己を知れば百戦危うからず, オライリー・ジャパン, 2004. (ISBN: 4-87311-198-6)
C. Peikari, A. Chuvakin: Security Warrior, Oreilly & Associates Inc, 2004, (ISBN-13: 978-0596005450)

その他

履修条件 SecCapプログラム履修者もしくは特別に認められた者であること。
オフィスアワー 演習時のみ
成績評価の方法と基準 ・5段階(秀・優・良・可・不可)で評価する。
・演習の達成度で評価する。
・情報セキュリティの知識の習得、応用技術の習得を基準とする。
関連科目 情報セキュリティ演習A,B
関連学位 工学
注意事項 特になし

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。