Language:

2022年度 グリーン経営学Ⅱ (4130)

授業科目基本情報PDFダウンロード

科目区分 専門科目 教職科目 指定なし
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 講義 主な使用言語 日本語/英語
開講時期 履修登録システム 使用する
履修登録期間 2022/10/07~2022/10/28 履修取消期限 2022/12/05

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS BS MS DS DGI
履修区分
コア科目 C
履修方法 ・修士論文研究又は特別課題研究を履修する場合は、序論科目、基盤科目及び専門科目から14単位以上履修すること。
・課題研究を履修する場合は、序論科目、基盤科目及び専門科目から16単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 金澤 雄一郎
担当教員 (金澤雄一郎)
教育目的/学修到達目標 グリーン経営学ⅠとIIを順に履修することによって以下の【教育目的】と【学修到達目標】を達成することができます。

【教育目的】
このコースは、ポジティブな社会変化をもたらすためのマーケティング活動の開発に従事する営利、非営利および公共部門の組織へのマーケティングの概念と戦略の適用(たとえば、顧客志向、セグメンテーション、どのように介入をするか、マーケティング計画と評価の開発)をサポートするための知識、スキル、および視点を養えるように設計されています。

【学修到達目標】
このコースを無事に修了すると、以下のことができるようになります。
(1)ソーシャルマーケティングの原則と手法を解釈して適用し、前向きな行動を起こすように働きかけることができるようになります。
(2)ソーシャルマーケティングで一般的に使用される行動変化を起こすための理論を説明し、そのような理論を理解することができるようになります。
(3)社会問題を分析し、その問題に関連する倫理的および社会的責任を伴ったマーケティング解法を提供できるようになります。
(4)ある特定の社会的行動変化をもたらすための調査に適した二次的な調査を計画・実施し、その結果を提供できるようになります。
(5)グループとしてソーシャルイノベーションを起こすような意思決定を行う際の効果的なコミュニケーション能力と他者と協力する能力を身につけることができます。
授業概要/指導方針 【授業概要/指導⽅針】
上記の教育目的を達成するための、授業とディスカッションを⾏います。

【授業時間外学修(予習・復習等)の目安】
各回毎に授業内で与えられたAssignmentの予習2時間
各回毎に復習2時間程度

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] 担当教員 テーマ 内容
1 12/5 [4] 金澤雄一郎 第9章 ステップ6:ポジショニング  ポジショニングの定義

ステップ6:ポジショニングステートメントを作成する

行動に焦点を当てたポジショニング

バリアに焦点を当てたポジショニング

メリットに焦点を当てたポジショニング

競争に焦点を当てたポジショニング

再配置

ポジショニングとブランディングの関係

ポジショニングステートメントを作成するための倫理的考慮事項

章のまとめ
2 12/5 [5] 金澤雄一郎 第10章 ステップ7:プロダクト:プロダクトプラットフォームの作成  製品:最初の「P」

ステップ7:ソーシャルマーケティング製品プラットフォームを開発する

デザイン思考

ブランディング

製品プラットフォームに関する倫理的考慮事項

章のまとめ
3 12/12 [4] 金澤雄一郎 第11章 ステップ7:プライス:インセンティブとディスインセンティブの決定  価格:2番目の「P」

ステップ7:インセンティブとディスインセンティブを決定する

コミットメントと誓約の詳細

有形の商品とサービスの価格設定

価格戦略に関する倫理的考慮事項

章のまとめ
4 12/12 [5] 金澤雄一郎 第12章 ステップ7:プレイス:アクセスを便利で心地よいものとする  場所:3番目の「P」

ステップ7:場所戦略を立てる

ソーシャルフランチャイズ

流通チャネルの管理

流通チャネルを選択する際の倫理的考慮事項

章のまとめ
5 12/19 [4] 金澤雄一郎 第13章 ステップ7:プロモーション:メッセージ,メッセンジャー,クリエイティブ戦略を決定する プロモーション:4番目の「P」

ステップ7:プロモーション戦略を策定する

「クリエイティブブリーフ」について一言

メッセージ戦略

メッセンジャー戦略

クリエイティブ戦略

事前テスト

倫理的考慮事項:メッセージ、メッセンジャー、および創造的な戦略
6 12/19 [5] 金澤雄一郎 第14章 ステップ7:プロモーション:コミュニケーションチャネルの選択  プロモーション:コミュニケーションチャネルの選択

従来のコミュニケーションチャネル

新しいコミュニケーションチャネル

製品の統合

コミュニケーションチャネルの決定を導く要因

コミュニケーションチャネルを選択する際の倫理的考慮事項

章のまとめ
7 12/26 [4] 金澤雄一郎 第15章 ステップ8:モニタリングと評価  ステップ8:評価のための計画を作成する

なぜこの測定を行っているのですか?

何を測定しますか?

どのように測定しますか?

いつ測定しますか?

いくらかかるでしょうか?

評価計画における倫理的考慮事項

章のまとめ
8 12/26 [5] 金澤雄一郎 第16章 ステップ9:予算と資金獲得のプラン 
第17章 ステップ10:行動変容プランの実施とその維持
ステップ9:予算と資金源

予算の決定

予算を正当化する

追加の資金源を見つける

資金提供者へのアピール

計画の修正

資金調達を確立する際の倫理的考慮事項

章のまとめ


ステップ10:実装計画を完了する

フェーズ

持続可能性

変化に対する予測力

プランの共有と販売

計画を実施する際の倫理的考慮事項

章のまとめ

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 時間 講義室 備考
1 12/5 4 C109(BS)
2 12/5 5 C109(BS)
3 12/12 4 C109(BS)
4 12/12 5 C109(BS)
5 12/19 4 C109(BS)
6 12/19 5 C109(BS)
7 12/26 4 C109(BS)
8 12/26 5 C109(BS)

テキスト・参考書

テキスト ソーシャルマーケティング:⾏動変容の科学とアート -健康、安全、環境保護、省資源分野等への応⽤の最前線
原著タイトル
Social Marketing: Behavior Change for Social Good, 6th Edition (2020)
著者: Nancy R. Lee (著), Philip Kotler (著)
訳:⽊原雅⼦ 医学博⼠ ⼀般社団法⼈国際社会疫学研究所代表理事、京都⼤学学際融合教育研究推進センター特任教授、前京都⼤学医学研究科社会疫学分野准教授/⼩林英雄 医学博⼠ 医療法⼈社団⼩林内科クリニック院⻑、⽇本循環器学会認定循環器専門医、⽇本内科学会認定総合内科専門医/加治正⾏ 医学博⼠ 静岡市保健所⻑、NPO法⼈⽇本⼩児禁煙研究会理事、⼀般財団法⼈⽇本⼦ども財団理事/⽊原正博 医学博⼠ ⼀般社団法⼈国際社会疫学研究所代表理事、京都⼤学名誉教授、前京都⼤学医学研究科社会疫学分野教授
ISBN 978-4-8157-3024-6
判型/ページ数/図・写真 B5 ⾴552 図62・写真71
刊⾏年⽉ 2021年6⽉
参考書

その他

履修条件 特になし
オフィスアワー ⽕曜⽇の午前中、あるいはEメールでアポイントメントを取ってください。
成績評価の方法と基準 5段階(秀・優・良・可・不可)で評価する。
関連科目 グリーン経営学 I
関連学位
注意事項 特になし

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。