コロキアム B (6004)

授業科目基本情報

科目区分 研究活動科目 教職科目 指定なし
単位数 1 選択・必修・自由 必修・選択必修
授業形態 講義・演習 主な使用言語 日本語/英語
開講時期 随時開講 履修登録システム 使用する
履修登録期間 履修取消期限

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・研究活動科目から9単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員
担当教員 主指導教員
教育目的/授業目標  受講者全員が自身の研究発表を行って互いに質疑応答を行うことにより、様々な萌芽的な研究分野の広い知識を得るとともに、実験データを批判的に検討し、不完全な部分を改善するアイデアを得て、自身の研究論文の完成を目指す。
 また、日々進歩し続ける最先端の科学技術分野に関わる様々な話題に関して、国内外の様々な大学、研究所、企業から招いた講師や新任の教員の講演を聴講し討論することによって、学内のみでは得難い幅広い知識を習得するとともに、自身の研究の進展に資する。
指導方針  受講者自身の研究の背景の説明と成果などの進捗状況とこれからの計画、また関連した研究の現状を正確で分かり易く発表し、活発で建設的な議論が行われるよう指導する。
 また、学外より講師あるいは新任の教員を講師として講演会形式にて発表と討議を行う。基本的に一人の講師が一回の講演を担当する。国内外の大学や企業において活発に活動している研究者や経営者を招き、最先端の研究動向や萌芽的な研究の紹介、関連した科学分野を取り巻く最新の社会状況など、多彩で多様な話題についての講演を実施する。 

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

回数 日付 [時間] テーマ 内容
1 カテゴリー1 受講者の発表と相互の討論により研究論文の完成を目指す
2 カテゴリー2 外部講師による講演と討議により新しい知識や概念を得て、研究論文の完成を目指す
3
4
5
6
7
8

授業日程



表示可能なデータがありません。

テキスト・参考書

テキスト 特になし
参考書 特になし

その他

履修条件 どのカテゴリーを選択するか、またカテゴリー2において聴講する講演については、自身の研究、又は学位取得を促進するうえで教育上有益な内容である点についてあらかじめ指導教員の履修指導と認定を得ること。
コロキアムAを受講する者はコロキアムBも受講する。
詳細な要件については、指導教員の所属する領域ごとに異なる場合があるので「授業関連URL」を参照すること。
オフィスアワー
成績評価の方法と基準 カテゴリー1については2回以上発表を行い、9回以上他の参加者の発表を聴講して討議に加わる。発表と討議の内容により評価する。カテゴリー2については、8回以上の講演会に出席した後、レポートを提出し、その内容により合否を評価する。ただし詳細な要件については、指導教員が所属する領域ごとに異なる場合があるので、指導教員による指導を受けること。
関連科目 コロキアムA、ゼミナールⅠ、ゼミナールⅡ
関連学位 理学、工学、バイオサイエンス
注意事項 講演会の日程と使用するセミナー室は担当教員が通知する。

授業関連URL

内容
情報科学領域の研究室に配属された学生に関しての要件
Requirements for students of laboratories in Information Science (in English)

配布資料



表示可能なデータがありません。