Language:

2019年度 日本語Ⅰ (1017)

授業科目基本情報

科目区分 一般科目 教職科目 指定なし
単位数 2 選択・必修・自由 自由
授業形態 講義 主な使用言語 日本語
開講時期 履修登録システム 【使用しない】
履修登録期間 履修取消期限

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法

授業科目概要

担当責任教員 山下 香緒里
担当教員 (山下香緒里)
教育目的/授業目標 自分や他人を紹介することができ、どこに住んでいるか、何をしているかなど個人的情報について、質問したり答えたりできる。習ったことのある場面に限り、最低限のコミュニケーションができる。ひらがな・カタカナの読み書きができる。
指導方針 学習者主体の考えに基づき初級に必要な語彙・文法を導入しながら、日本語で人とつながる力を養成する。また段落構成力を身につけ固まりで話し、自分の考えを伝える力をつける。

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] テーマ 内容
1 4/23 [4] 第1課 はじめまして
1 私の名前・国・仕事
・コースガイダンス ・基本の挨拶 ・ひらがな ・数字 ・私は(名前/人)です ・お国はどちらですか
・NのN ・はい、Nです/いいえ、Nじゃありません

【できること】簡単に自分のことを話したり、相手のことを聞いたりすることができる
2 4/23 [5] 第1課 はじめまして
2 私の誕生日
・〜歳です ・いつ  〜月〜日 ・ひらがな特殊音 ・数字

【できること】簡単に自分のことを話したり、相手のことを聞いたりすることができる
3 5/7 [4] 第1課 はじめまして
3 私の趣味
・何ですか ・NとN ・Nも ・ひらがなの助詞 ・カタカナ(ひらがなをヒントに)

【できること】簡単に自分のことを話したり、相手のことを聞いたりすることができる
4 5/7 [5] 第2課 買い物・食事
   1 どこですか
・何階ですか ・Nはどこですか ・ここ、そこ、あそこ、こちら、そちら、あちら ・カタカナ

【できること】お店の人や友達と簡単なやり取りをして、買い物をしたり、料理の注文をしたりすることができる
5 5/28 [4] 第2課 買い物・食事
   2 いくらですか
・Nはいくらですか  これ・それ・あれ ・この/その/あのN ・Nをください ・カタカナ

【できること】お店の人や友達と簡単なやり取りをして、買い物をしたり、料理の注文をしたりすることができる
6 5/28 [5] 第2課 買い物・食事
   3 レストラン
・何のN ・(言語)で ・どこのN・誰のN ・Nをください

【できること】お店の人や友達と簡単なやり取りをして、買い物をしたり、料理の注文をしたりすることができる
7 6/4 [4] 第3課 スケジュール
   1 何時までですか
・時間 ・曜日 ・〜から〜まで

【できること】これからの生活や周りの人との関係づくりのため予定を聞いたり、身近なことを話したりすることができる
8 6/11 [4] 第3課 スケジュール
   2 私のスケジュール
・Vます NをVます ・(場所)へ ・Vません ・(場所)で

【できること】これからの生活や周りの人との関係づくりのため予定を聞いたり、身近なことを話したりすることができる
9 6/18 [4] 第3課 スケジュール
   3 どんな毎日?
・Vます(習慣) ・NやNなど NとかNとか ・何もVません ・どこへも行きません ・(時間)に

【できること】これからの生活や周りの人との関係づくりのため予定を聞いたり、身近なことを話したりすることができる
10 6/25 [4] 第4課 私の国・町
   1 どこ?
・(国)の(方角・位置) ・〜から〜まで、どのくらいですか ・〜時間 ・(交通手段)で

【できること】簡単に自分の出身地について友達や周りの人に紹介することができる
11 7/2 [4] 第4課 私の国・町
   2 どんな所?
・イA、ナAです  A + N ・イAくない、ナAじゃない/です ・どんなN ・(場所)にNがあります

【できること】簡単に自分の出身地について友達や周りの人に紹介することができる
12 7/9 [4] 第4課 私の国・町
   3 季節・料理
・〜ね(共感) ・とても、あまり〜ない ・Nはどうですか ・味覚の語彙

【できること】簡単に自分の出身地について友達や周りの人に紹介することができる
13 7/16 [4] 第5課 休みの日
   1 週末
・Vました、Vませんでした ・どこかへ行きましたか ・(人)と ・それから

【できること】休みの日の出来事や予定について友達や周りの人と簡単に話すことができる
14 7/23 [4] 第5課 休みの日
   2 休みの後で
・イAかった、ナAだった ・イAくなかった、ナAじゃなかった
・どうでしたか ・どうして/なんで  ・〜から(理由)

【できること】休みの日の出来事や予定について友達や周りの人と簡単に話すことができる
15 7/30 [4] 第5課 休みの日
   3 今度の休みに
・Nがほしい ・Nが好き、嫌い ・Vたい ・(場所)へ〜に行きます

【できること】休みの日の出来事や予定について友達や周りの人と簡単に話すことができる
16 8/6 [4] 復習テスト
スピーチ大会
・1課-5課の復習テスト 20-30分
・スピーチ大会 60-70分

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 時間 講義室 備考
1 4/23 4 L12
2 4/23 5 L12
3 5/7 4 L12
4 5/7 5 L12
5 5/28 4 L12
6 5/28 5 L12
7 6/4 4 L12
8 6/11 4 L12
9 6/18 4 L13 6/18は講義室がL13に変更になりました。
10 6/25 4 L12
11 7/2 4 L12
12 7/9 4 L12
13 7/16 4 L12
14 7/23 4 L12
15 7/30 4 L12
16 8/6 4 L12

テキスト・参考書

テキスト 『できる日本語・初級』(1課〜5課)
参考書 『楽しく聞こう』、『楽しい読みもの55』、『にほんご多読ブックス』,『レベル別日本語多読ライブラリー』

その他

履修条件 これまで日本語をほぼ学習したことがない
オフィスアワー Eメールで連絡の上、日時を決める
成績評価の方法と基準 ・5段階(秀・優・良・可・不可)で評価する。
・宿題(20%)・復習テスト(20%)・漢字テスト(20%)・スピーチ(40%)で評価する。
関連科目
関連学位
注意事項 ・履修人数を制限する場合がある。(原則、最大12人) なお、必要に応じて進度や内容を調整することがある。

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。