Language:

2020年度 修士研究論文 (6010)

授業科目基本情報PDFダウンロード

科目区分 研究活動科目 教職科目 指定なし
単位数 6 選択・必修・自由 選択必修
授業形態 論文 主な使用言語 日本語/英語
開講時期 日程の設定なし 履修登録システム 【使用しない】
履修登録期間 履修取消期限

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・研究活動科目から10単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 主指導教員
担当教員 主指導教員、副指導教員
教育目的/授業目標 研究室での活動で得られた実験結果とその解釈、あるいはゼミナールI、IIで学んだ最先端知識を基に未知の問題について研究活動を行った成果を主な内容として、序論、材料と方法、結果、考察などの項目からなる論文を作成する。この過程で、創意を発揮して問題解決する能力を習得し、研究の背景や意義についての知識を学習し、研究の目的と研究方法を十分に理解する。また、取得したデータをまとめ、簡明に提示し、適切な解釈を加える能力を学ぶ。得たデータに基づいて論理的な結論を導き、新たな仮説を提唱できるようになる。
授業概要/指導方針 主副の指導教員、研究室スタッフが議論を通して指導する。また、研究室以外の教員や大学外の研究者との積極的な討議を通じて、幅広い視点から吟味された研究論文を作成することを推奨する。

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] 担当教員 テーマ 内容
1
2
3
4
5
6
7
8

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]


表示可能なデータがありません。

テキスト・参考書

テキスト 特になし
参考書 特になし

その他

履修条件 特になし
オフィスアワー
成績評価の方法と基準 キャップストーンで示されたルーブリック表に基づいて、新規性と有効性を重視して合否で評価する。
関連科目 ゼミナールⅠ,ゼミナールⅡ
関連学位 理学、工学、バイオサイエンス
注意事項 特になし

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。