グローバルアントレプレナーⅡ (1006)

授業科目基本情報

科目区分 一般科目 教職科目 指定なし
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 講義 主な使用言語 日本語
開講時期 集中講義
履修登録期間 履修取消期限

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・一般科目から4単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 光井 将一
担当教員 光井 将一
教育目的/授業目標 グローバルアントレプレナーが事業を推進するために必須となるビジネスプラン案を見る力、作る力、伝える力、修正する力に必要な技術ノウハウを身に付け る。自らのビジネスプランを、ベンチャーキャピタリストや業界にプレゼンする事を想定し、アントレプレナーの講演やグループワーキングによるビジネスプラ ン作成を通じ、企業や社会の課題発見力と解決力を養う。また、ビジネスプランの発表を通じて、対象者への伝達力、反応に応じた自己修正力を養う。
指導方針 世界的な交通・情報インフラの向上による国際化の伸展や、ビッグデータ活用、AI技術、IoTの普及によって急激な社会変化が起きている。この変化の時代において、技術者・研究者も事業者と同様に、社会ニーズを捉える力が必須となる。そうした思考と視点を持つことから始め、既存知識を身に付けること以上に、新たな知識を得る手法を身に付け、自らが進歩し続ける力の涵養を目標とする。

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

回数 日付 [時間] テーマ 内容
1 ビジネスプラン 1 ビジネスプランを見る力、伝える力を学ぶ。
2 ビジネスプラン 2 ビジネスプランを見る力、伝える力を学ぶ。
3 ビジネスプラン 3 ビジネスプランを作る力、修正する力を学ぶ。
4 グループワーク演習 グループワーク演習によりさらに学習を深める。
5 ビジネスプラン案の展示 ビジネスプラン案の展示を学ぶ。
6 ビジネスプラン案プレゼン ビジネスプラン案の展示方法について学ぶ。
7 ビジネスプラン案の評価 ビジネスプラン案の評価方法について学ぶ。
8 ビジネスプラン案の修正 ビジネスプラン案の修正方法について学ぶ。

授業日程



表示可能なデータがありません。

テキスト・参考書

テキスト 特に無し(各回、必要に応じてレジュメ・資料を配付する。)
参考書 講義の中で紹介する。

その他

履修条件 GEIOTの履修申請を行い、履修許可を得ること。
オフィスアワー Eメールで連絡の上、日時を決める
成績評価の方法と基準 ・5段階(秀・優・良・可・不可)で評価する。
・授業・グループディスカッションへの参加度をもとに評価する。
・○○の知識の習得を基準とする。
関連科目 グローバルアントレプレナーⅠ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ
関連学位
注意事項 『モノのインターネット』分野でのグローバルアントレプレナー育成プログラム(略称:GEIOT)の構成科目であり、GEIOT修了認定要件となる科目である。

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。