Language:

2020年度 サバイバル生物学 ー科学論文とのつきあい方ー (4106)

授業科目基本情報PDFダウンロード

科目区分 専門科目 教職科目 理科
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 講義 主な使用言語 日本語
開講時期 履修登録システム 使用する
履修登録期間 2020/04/13~2020/05/22 履修取消期限 2020/07/07

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・修士論文研究又は特別課題研究を履修する場合は、基盤科目及び専門科目から12単位以上履修すること。
・課題研究を履修する場合は、基盤科目及び専門科目から14単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 吉田 聡子
担当教員 吉田聡子、河野憲二、真木壽治
教育目的/授業目標 動物・植物・微生物の環境ストレス応答に関与する科学論文を精読し、プレゼンテーションを行うことで、生物が種々のストレスに対して備えているサバイバル能力の分子機構への理解を深め、生物のストレス応答を議論できるようになることを目的とする。加えて、科学論文の検索法や読み方を学習することで、正しい科学情報を得る能力を身につける。
授業概要/指導方針 この講義では、動物・植物・微生物の環境ストレスや生物間相互作用に関する科学論文について、その背景を概説する。参加学生は論文を精読しプレゼンテーションを行い、内容を議論する。科学論文の検索法や、その構成を説明し、科学論文から正しい情報を得る方法について学ぶ。講義時間にZoomを使った講義への参加を必要条件とし、原則としてアーカイブ視聴での参加は認めない。参加者は必ずプレゼンテーションおよびディスカッションを行う。
講義、プレゼンテーションとディスカッション

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] 担当教員 テーマ 内容
1 6/25 [1] 吉田聡子 イントロダクション 科学論文を掲載する雑誌の紹介や科学論文の検索法、読み方について概説する。zoomによるオンライン参加が必要です。(*健康診断の予定が入っている人はアーカイブ視聴お願いします)。
2 6/30 [1] 吉田聡子 植物の環境ストレス応答 植物の環境応答または生物間相互作用に関する論文を取り挙げ、その背景について概説し、論文を講読する。Zoomによるオンライン参加が必要。
3 7/2 [1] 吉田聡子 プレゼンテーションとディスカッションI 参加学生は論文の内容をプレゼンテーションし、ディスカッションする。Zoomによるオンライン参加が必要。
4 7/7 [1] 河野憲二 動物のストレス応答 動物のストレス応答反応に関する論文を取り挙げ、その背景について概説し、講読する。Zoomによるオンライン参加が必要。
5 7/14 [1] 河野憲二 プレゼンテーションとディスカッションII 参加学生は論文の内容をプレゼンテーションし、ディスカッションする。Zoomによるオンライン参加が必要。
6 7/16 [2] 真木壽治 微生物のストレス応答 微生物のストレス応答反応に関する論文を取り挙げ、その背景について概説し、論文を精読する。Zoomによるオンライン参加が必要。
7 7/20 [2] 真木壽治 プレゼンテーションとディスカッションIII 参加学生は論文の内容をプレゼンテーションし、ディスカッションする。Zoomによるオンライン参加が必要。
8 7/27 [2] 真木壽治 講義のまとめ 第7回のディスカッションを深めるとともに、講義中における出てきた疑問や科学論文とのつきあい方等を話し合う。Zoomによるオンライン参加が必要。

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 時間 講義室 備考
1 6/25 1 L12(BS)
2 6/30 1 L12(BS) 下記URLから参加してください。 https://us02web.zoom.us/j/89808188072?pwd=Q3V5eHYwY0x3QlloNi9mdjI5R0grdz09 ミーティングID: 898 0818 8072 パスワード: Biology 参加の際には自分のログイン名を「学籍番号ー名前」としてください
3 7/2 1 L11(BS)
4 7/7 1 L11(BS)
5 7/14 1 L11(BS)
6 7/16 2 L11(BS)
7 7/20 2 L11(BS)
8 7/27 2 L11(BS)

テキスト・参考書

テキスト 特になし。
参考書 テイツ/ザイガー 植物生理学・発生学(L.テイツ、E.ザイガー、IM.モーラー、A.マーフィー 編)講談社
参考論文は適宜メールで連絡する。

その他

履修条件 科学論文を読む意欲のある者
オフィスアワー Eメールで連絡の上、日時を決める。 責任教官Eメール:satokoy@bs.naist.jp
成績評価の方法と基準 ・5段階(秀・優・良・可・不可)で評価する。
・プレゼンテーション50%、レポート50%。
・講義への積極的な参加と提示した論文の理解度を基準とする。
関連科目 特になし
関連学位 バイオサイエンス、理学、工学
注意事項 講義時間にオンラインで参加できることが条件です。
パワーポイントのプレゼンテーションを作る環境が必要なので、パソコンまたはパワーポイントを持っていない場合は相談してください。

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料

  資料名 備考 公開期限
第2−3回課題論文 2020/09/16 学内専用
第4−5回課題論文 (Science.pdf) 2020/09/27 学内専用
第4−5回課題論文解説資料(perspective.pdf) 2020/09/27 学内専用
第4−5回講義ー案内 2020/09/27 学内専用
第2回講義配布資料 2020/09/27 学内専用
第4回講義(7月7日)配布資料 2020/10/04 学内専用
異常たんぱく質応答のムービー 2020/10/05 学内専用
レポート課題 締め切り8月21日です。吉田(satokoy@bs.naist.jp)までメール添付で送ってください。ファイル名に自分の名前を入れること。 2020/10/05 学内専用
第6回7回講義_課題論文 2020/10/12 学内専用
第6回7回講義_課題論文_supplementalinformation 2020/10/12 学内専用
第6回講義資料 2020/10/14 学内専用