Language:

2021年度 国際バイオ特論B (4063)

授業科目基本情報PDFダウンロード

科目区分 専門科目 教職科目 指定なし
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 講義 主な使用言語 英語
開講時期 履修登録システム 【使用しない】
履修登録期間 履修取消期限

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・修士論文研究又は特別課題研究を履修する場合は、基盤科目及び専門科目から12単位以上履修すること。
・課題研究を履修する場合は、基盤科目及び専門科目から14単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 遠藤 求
担当教員 遠藤求、真木智子
教育目的/学修到達目標 【教育目的】
海外から招聘した講師による英語での集中講義を通じて、特定の専門分野の基礎的な知識および最先端の研究内容について学ぶ。積極的に質問を行い議論に参加することを通して科学の現場での英語でのコミュニケーション能力や国際感覚の育成を図る。

【学修到達目標】
事前に学習する関連分野の論文の内容を理解した上で、英語の講義を理解できるようになる。
英語で質問ができるようになる。
講師や参加学生との議論に英語で参加できるようになる。
講義と研究セミナーの内容について、簡潔なまとめを英語で作成できるようになる。
授業概要/指導方針 【授業概要/指導方針】
講義に内容に関連する英語論文を事前に読解、学習し、キーワードやキーコンセプトを理解したうえで講義に臨ませる。少人数クラスのゼミ形式の講義と議論に対して主体的で積極的な取り組みを奨励する。

【授業時間外学修(予習・復習等)の目安】
各回毎に授業内で与えられたAssignmentの予習2時間
各回毎に復習2時間程度

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] 担当教員 テーマ 内容
1 12/14 [1] Dr. Mark O. Huising, Department of Neurobiology, Physiology & Behavior, College of Biological Sciences & Department of Physiology & Membrane Biology, School of Medicine University of California, Davis Lecture 1: Type 1 Diabetes
In this lecture we will review the causes and progression of Type 1 Diabetes and review the different strategies that researchers are pursuing to manage and perhaps some day cure this disease.
2 12/14 [2] Dr. Mark O. Huising Lecture 2: Type 2 Diabetes
In this lecture will discuss the causes of Type 2 Diabetes and compare these with what we learned about Type 1 Diabetes in the previous lecture. Causes, consequences and therapeutic strategies.
3 12/15 [1] Dr. Mark O. Huising Lecture 3: Promises and pitfalls of the single cell resolution revolution in biology.
4 12/15 [2] Dr. Mark O. Huising Research Seminar: The importance of local crosstalk in the regulation of beta cell fate and function.


Multiple endocrine cell types come together in pancreatic islets, supported by a constellation of ancillary cell types. Most of the attention field has understandably been directed at pancreatic beta cells, as the only source of insulin in our body and the only islet cells that cause endocrine disorders upon dysfunction. Too little insulin secretion relative to demand leads to nutrient excess and diabetes. Rarer cases of excess insulin release typically caused by monogenic defects can drive severe hyperinsulinemic hypoglycemia. While there are no disorders associated with primary failure of pancreatic alpha or delta cells, the glucagon and somatostatin they release locally modulates beta cell activity to match insulin need to the demands imposed by circulating nutrients. To aid in this task, each of the three main islet endocrine cells expresses a large and non-redundant repertoire of cell surface receptors. Disentangling the complex and indirect actions by which hormones, nutrients and neurotransmitters that act on the islet modulate insulin secretion can be complex. However, advances in functional imaging where distinct subsets of islet cells can be outfitted with genetically encoded biosensors to observe the kinetics of intracellular signaling directly now enable the direct observation of the site or sites of action integrated across multiple signaling cascades. Inevitably, our ability to observe functional responses across hundreds or thousands of individual cells across a population reveals considerable heterogeneity. Defining the relevance of this functional heterogeneity and how it changes in diabetes is one of the next challenges in our field.
5 12/16 [1]
6 12/16 [2]
7 12/17 [1]
8 12/17 [2]

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 時間 講義室 備考
1 12/14 1 L12(BS)
2 12/14 2 L12(BS)
3 12/15 1 L12(BS)
4 12/15 2 L12(BS)
5 12/16 1 L12(BS)
6 12/16 2 L12(BS)
7 12/17 1 L12(BS)
8 12/17 2 L12(BS)

テキスト・参考書

テキスト 講師よりあらかじめ指定される学術論文4-5報、メールにて指示
参考書 特になし

その他

履修条件 講師が指定する論文等を講義前に読解・学習しておくこと。
オフィスアワー Eメールで連絡の上、日時を決める。
連絡先:smaki@bs.naist.jp
成績評価の方法と基準 ・5段階(秀・優・良・可・不可)で評価する。
・講義への取り組み(70%)および受講後のレポート(30%)で評価する。
・当該分野の基本概念と研究アプローチの理解、および英語による論理的な議論の技能を基準とする。
関連科目 特になし
関連学位 バイオサイエンス
注意事項 集中講義の日程、テーマ、および内容については、当該年度に海外から招聘する講師と打ち合わせの上、Eメール等で告知する。

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。