Language:

2021年度 先端バイオサイエンス概論 (3033)

授業科目基本情報PDFダウンロード

科目区分 基盤科目 教職科目 指定なし
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 講義 主な使用言語 日本語
開講時期 履修登録システム 使用する
履修登録期間 2021/04/01~2021/04/19 履修取消期限 2021/04/13

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・修士論文研究又は特別課題研究を履修する場合は、基盤科目及び専門科目から12単位以上履修すること。
・課題研究を履修する場合は、基盤科目及び専門科目から14単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 出村 拓
担当教員 中島敬二、出村拓、梅田正明、伊藤寿朗、遠藤求、西條雄介、峠隆之、吉田聡子、伊東広、石田靖雅、加藤順也、河合太郎、末次志郎、岡村勝友、栗崎晃、笹井紀明、磯谷綾子、別所康全、稲垣直之、秋山昌広、髙木博史、木俣行雄、吉田昭介、塚崎智也、作村諭一、(乾将行)、加藤晃、両角佑一
教育目的/学修到達目標 【教育目的】
バイオサイエンス領域の各研究室で進められている研究内容を俯瞰的に学ぶことを目的とします。興味のある研究室の研究内容の詳細を学ぶことで、自身がバイオサイエンス領域で行う研究の方向性を定めることができるようになることを目標とします。

【学修到達目標】
1) バイオサイエンス領域の興味を持つ研究室の主な研究内容について説明、記述できる。
2) バイオサイエンス領域で進められている研究内容について俯瞰、表現できる。
授業概要/指導方針 【授業概要/指導方針】
バイオサイエンス領域の各研究室で進められている研究内容を俯瞰的に学びます。講義の前に行われる全研究室の研究室紹介(4月7日)をもとに、植物科学分野、メディカル生物学分野、統合システム生物学分野のそれぞれから3つずつ、合計9つの研究室の授業アーカイブ(4月12日に公開)を選び、その研究内容について、詳しく学びます。

【授業時間外学修(予習・復習等)の目安】
選んだ各研究室の研究内容について自己学習3時間程度(計27時間程度)

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] 担当教員 テーマ 内容
1 4/8 [4] 伊藤、梅田、遠藤 研究室紹介1 植物科学分野
花発生分子遺伝学 伊藤 寿朗
植物成長制御 梅田 正明
植物生理学 遠藤 求
2 4/8 [5] 加藤晃、西條、吉田聡子 研究室紹介2 植物科学分野
バイオエンジニアリング 加藤 晃
植物免疫学       西條 雄介
植物共生学       吉田 聡子
3 4/12 [4] 出村、峠、中島 研究室紹介3 植物科学分野
植物代謝制御 出村 拓
植物二次代謝 峠 隆之
植物発生シグナル 中島 敬二
4 4/12 [5] 磯谷、伊藤、岡村 研究室紹介4 メディカル生物学分野
器官発生工学 磯谷 綾子
分子情報薬理学 伊東 広
RNA分子医科学 岡村 勝友
5 4/13 [4] 石田、加藤順也、河合太郎 研究室紹介5 メディカル生物学分野
機能ゲノム医学 石田 靖雅
腫瘍細胞生物学 加藤 順也
分子免疫制御 河合 太郎
6 4/13 [5] 栗崎、笹井、末次 研究室紹介6 メディカル生物学分野
幹細胞工学 栗崎 晃
発生医科学 笹井 紀明
分子医学細胞生物学 末次 志郎
7 4/14 [4] 稲垣、作村、吉田 研究室紹介7 統合システム生物学分野
神経システム生物学 稲垣 直之
データ駆動型生物学 作村 諭一
環境微生物学    吉田 昭介
8 4/14 [5] 高木、木俣、秋山、両角 研究室紹介8 統合システム生物学分野
ストレス微生物科学 高木 博史
ストレス微生物科学 木俣 行雄
ストレス微生物科学 両角 佑一
ストレス微生物科学 秋山 昌広
9 塚崎、乾、別所 研究室紹介9 統合システム生物学分野
構造生命科学   塚﨑 智也
微生物分子機能学 乾 将行
遺伝子発現制御  別所 康全 

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 時間 講義室 備考
1 4/8 4 Rethink バイオサイエンス大講義室〔L11〕
2 4/8 5 Rethink バイオサイエンス大講義室〔L11〕
3 4/12 4 Rethink バイオサイエンス大講義室〔L11〕
4 4/12 5 Rethink バイオサイエンス大講義室〔L11〕
5 4/13 4 Rethink バイオサイエンス大講義室〔L11〕
6 4/13 5 Rethink バイオサイエンス大講義室〔L11〕
7 4/14 4 Rethink バイオサイエンス大講義室〔L11〕
8 4/14 5 Rethink バイオサイエンス大講義室〔L11〕

テキスト・参考書

テキスト
参考書

その他

履修条件
オフィスアワー
成績評価の方法と基準 4月7日の研究室紹介を参考に、植物分野1~9から3つ、メディカル分野1~9から3つ、統合分野1~10から3つ、合計9つの研究室の研究内容説明を授業アーカイブで聴講してください。聴講後、レポート(E-メールで配布済みのWordファイル”先端バイオサイエンス概論レポート.docx”)を4月28日(水)17:00までにE-mailファイル添付でharada@ad.naist.jpに提出(件名:先端バイオサイエンス概論レポート)してください。
関連科目
関連学位
注意事項

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。