Language:

2018年度 情報科学特別講義A (4029)

授業科目基本情報

科目区分 専門科目 教職科目 指定なし
単位数 1 選択・必修・自由 選択
授業形態 講義 主な使用言語 英語
開講時期 履修登録システム 使用する
履修登録期間 2018/11/27~2018/12/10 履修取消期限 2019/01/04

教育プログラム別の履修区分

プログラム名 IS CB BS BN MS CP DS
履修区分
コア科目
履修方法 ・基盤科目及び専門科目から12単位以上履修すること。

授業科目概要

担当責任教員 笠原 正治
担当教員 張任遠、崔恩瀞、進藤裕之、酒田信親、田中賢一郎、小蔵正輝、張元玉、佐々木博昭
教育目的/授業目標 情報科学分野の先端的なテーマに関して広く研究の動向を学ぶ。
指導方針 助教によるオムニバス形式の講義。具体的なテーマは下記の通り。3または2テーマずつ並列に開講され、並列テーマは同時に選択できない。各テーマでは4回の講義を行って履修を認定し、2テーマについて認定されれば1単位となる。年度あたり最大2単位まで取得できる。

クラス情報



表示可能なデータがありません。

授業計画

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 [時間] テーマ 内容
1 1/4 [1] 集積回路設計の基礎と革新的計算回路技術例1(張 任遠:L1) / IoTセキュリテイ:無線通信のセキュリティとアクセス制御(張元玉:L2) [L1] To supplement the understanding of computer architectures, the fundamentals and basic knowledge of very large scale integrated circuits (VLSIs) are introduced in this lecture, along with some examples of innovative hardware technologies in post-Moore's era. The lecture is arranged in quarters. Quarter I: fundamentals of VLSIs design.

[L2] In this lecture, you will learn some basic knowledge about the security issues currently existing in the Internet of Things (IoT) as well as the countermeasures. In particular, we will focus on security approaches for IoT wireless communications based on the traditional cryptography and the promising physical layer security technology. In addition, we also focus on access control schemes based on the emerging Blockchain technology to prevent unauthorized access to IoT resources such as private data, sensors and actuators. This lecture is arranged in quarters. Quarter I: IoT and its security issues.
2 1/4 [2] 集積回路設計の基礎と革新的計算回路技術例2(張 任遠:L1) / IoTセキュリテイ:無線通信のセキュリティとアクセス制御(張元玉:L3)
[L1] Quarter II: design of static logic circuits.

[L3] Quarter II: IoT access control.
3 1/7 [1] 集積回路設計の基礎と革新的計算回路技術例3(張 任遠:L1) /IoTセキュリテイ:無線通信のセキュリティとアクセス制御(張元玉:L2) [L1] Quarter III: design of sequential circuits.

[L2] Quarter III: IoT wireless communication security: a cryptography perspective.
4 1/7 [2] 集積回路設計の基礎と革新的計算回路技術例4(張 任遠:L1) /IoTセキュリテイ:無線通信のセキュリティとアクセス制御(張元玉:L2) [L1] Quarter IV: an introduction on approximate computing technologies and their real-world applications.

[L2] Quarter IV: IoT wireless communication security: a physical layer security perspective.
5 1/8 [1] 数理情報学の研究動向1(佐々木博昭:L2)/ソフトウェア設計学の研究動向1(崔 恩瀞:L3) [L2] Brief introduction of machine learning

[L3] Brief introduction of software engineering research, particularly on code clone and refactoring
6 1/8 [2] 数理情報学の研究動向2(佐々木博昭:L2)/ソフトウェア設計学の研究動向2(崔 恩瀞:L3) [L2] Linear models in machine learning

[L3] Brief introduction of software engineering research, particularly on code clone and refactoring
7 1/9 [1] 数理情報学の研究動向3(佐々木博昭:L2)/ソフトウェア設計学の研究動向3(崔 恩瀞:L3) [L2] Kernel methods in machine learning

[L3] Brief introduction of software engineering research, particularly on code clone and refactoring
8 1/9 [2] 数理情報学の研究動向4(佐々木博昭:L2)/ソフトウェア設計学の研究動向4(崔 恩瀞:L3) [L2] Recent advances in machine learning

[L3] Brief introduction of software engineering research, particularly on code clone and refactoring

授業日程

[1限目 9:20-10:50] [2限目 11:00-12:30] [3限目 13:30-15:00] [4限目 15:10-16:40] [5限目 16:50-18:20] [6限目 18:30-20:00]
回数 日付 時間 講義室 備考
1 1/4 1 L1 (L1) 張 任遠 (L2) 張元玉
2 1/4 2 L1 (L1) 張 任遠 (L3) 張元玉
3 1/7 1 L1 (L1) 張 任遠 (L2) 張元玉
4 1/7 2 L1 (L1) 張 任遠 (L2) 張元玉
5 1/8 1 L2 (L2) 佐々木博昭 (L3) 崔 恩瀞
6 1/8 2 L2 (L2) 佐々木博昭 (L3) 崔 恩瀞
7 1/9 1 L2 (L2) 佐々木博昭 (L3) 崔 恩瀞
8 1/9 2 L2 (L2) 佐々木博昭 (L3) 崔 恩瀞

テキスト・参考書

テキスト 詳細はWebページにて掲示する。
参考書 適宜紹介する。

その他

履修条件 各テーマで説明する。
L1 / L2 / L3 (S1 / S2 / S3)教室を使用して開講する。
オフィスアワー Eメールで連絡の上、日時を決める
成績評価の方法と基準 ・合否で評価する。
・各テーマで説明する。(基本的にレポート提出による)
関連科目 情報科学特別講義B,C,D
関連学位 理学、工学
注意事項 隔年開講

授業関連URL



表示可能なデータがありません。

配布資料



表示可能なデータがありません。